カテゴリー

アーカイブ

2022年12月例会

開催概要未定–

※詳細に関しては決まり次第、中国文芸研究会ウェブサイトでお知らせいたしますので、随時ご確認ください。

ZOOM例会参加方法

covid-19の蔓延にともなって、当面の例会はすべてzoomでのオンライン開催とすることになりました。

  • 会議室のURLと会議資料については別途メーリングリストでお知らせしますので、希望する方はこちらから申し込みをお願いします。申込は1度だけで結構です。過去に申し込んだ方は重複して申し込みされないようにお願いします。
      https://docs.google.com/forms/d/1ElyE8G2jZHI5-Z1PhJzJbn5o1xkGHY56PJDFGBSQeng
  • 会議室情報は申込後にメールで送られます。レジュメはZOOM例会用メーリングリストに投稿されます。
  • 基本的に最初の報告を一時半から二時半まで、二つ目の報告を三時半から四時半までとし、質疑応答の前に休憩時間を設けます。

会報第493号(2022.11)

2022年11月27日/ 編集:田中雄大

会報第493号目次
2022年度 合宿記 その賈 海涛1
「書評の会・出店」書評
现代主义文学在东亚的越境――謝惠貞『横光利一と台湾――東アジアにおける新感覚派の誕生』(ひつじ書房、2021年)劉 妍5
書評の会・出店開催のお知らせ8
事務局からのお知らせ9
10月例会記録9
12月例会のお知らせ12
 

『野草』第109号(2022年9月)

『野草』第109号/2022年9月30日発行/編集: 張文菁・藤野真子

『野草』109号目次
【論文】
余秀華の揺らめく身体と詩──運命と抵抗のエクリチュール小笠原淳1
失われた哲学を求めて──爵青の「無文」時期の創作について──王晴28
”小さな野蛮”の文学──周作人の児童観形成における「反復説」の意義について汪憶菲53
時間とともに変化するテクスト 穆時英「謝医師的瘋症」と「白金的女体塑像」の比較
冉念周80
『野草』108号合評島由子/裵亮/江上幸子/城山拓也/新谷秀明/小川主税/中塚亮100
投稿規定(表紙裏)
例会記録126
会報目録127
野草漫語129

2022年11月例会

【日時】2022年11月27日(日)13:30~

【開催方法】ZOOMによるオンライン開催(*ZOOM例会参加方法はこちらを参照ください)

【内容】

【内容】『野草』109号 合評会 目次

会報第492号(2022.10)

会報第492号 2022年10月30日 編集:福長悠

会報第492号目次
眼疾闘病記蔭山達弥
2022年度 合宿記 その1高尚
「書評の会・出店」書評
北京研究の地方的視角――陳平原『記憶北京』(生活・読書・新知三聯書店、2020年)彭雨新
交流
事務局からのお知らせ
9月例会記録
11月例会のお知らせ

2022年10月例会

【日時】2022年10月30日(日)13:30~

【開催方法】ZOOMによるオンライン開催(*ZOOM例会参加方法はこちらを参照ください)

【内容】

史雨〇張資平と田山花袋―『約檀河之水』と『蒲団』の比較をめぐって― (2022.10.12変更済)

応宜娉〇田漢における石川啄木の受容の考察

会報第491 号(2022.09)

会報第491号 2022年9月25日 編集:宋新亜

会報第491号目次
国際シンポジウム「吼えろアジア 1920-30 年代」参加記福⻑ 悠1
2022 年度合宿幹事報告⼤東和重3
「書評の会・出店」書評
遍在する「聖地」・遍在する「英雄」 韓敏『記憶と象徴としての⽑沢東−⺠衆のまなざしから−』⾼橋俊6
「把我們的⾎⾁,築成我們新的⻑城!」 呉雪杉『⻑城――⼀部抗戦時期的視覚⽂化史』城⼭拓也7
書評の会・出店開催のお知らせ9
2022 年度「中国現代⽂学研究者懇話会」のお知ら せ10
10 ⽉例会のお知らせ12

会報第490 号(2022.08)

会報第490号 2022.08.30  編集:小川主税

会報第490号目次
虚心に読むということ――大学院生のための民国期読書会小川主税1
民国期読書会のお知らせ4
「書評の会・出店」書評
 「80年代に立ち戻る」よりもう一歩(李建立《“现代派”考论――知识与观念的生成(1950-1980)》)王秋琳5
 历史学者的竹内好研究――中国体验・翻译论・部落问题(黒川みどり・山口智『評伝竹内好――その思想と生涯』)高磊7
書評の会・出店開催のお知らせ10
7月例会記録11
9月例会のお知らせ14

2022年9月例会

2022年9月例会

【日時】2022年9月25日(日)13:30~

【開催方法】ZOOMによるオンライン開催(*ZOOM例会参加方法はこちらを参照ください)

【内容】

王晴〇満洲国における「永遠なるもの」 ——爵青の「凍った園庭に降りて」と「楽土頌」を中心に——

王秋琳〇『収穫』と余華の作風転換 ――「夏季台風」と「呼喊与細雨」の作品生成を中心に

会報第489 号(2022.07)

会報第489号 2022.07.31  編集:中野徹

会報第489号目次
特報 増刊号刊行のお知らせ1
「書評の会・出店」書評
 新文化運動を問い直す 袁一丹《另起的新文化運動》(生活・読書・新知・三聯書店、2021年)方逸韻4
 囚われた跨文化(トランスカルチュラル)思想家 張歷君《瞿秋白與跨文化現代性》(香港中文大学出版社、2020年)呉穎濤7
 文学団体から見た西南聯合大学 李光栄《西南聯大文学社団研究》(西南聯大研究文庫、中華書局、2018年)梁文君9
中国文芸研究会6月例会記録3
2022年夏合宿のお知らせ11
交流12