ホーム » 2022

年別アーカイブ: 2022

会報第494号(2022.12)

2022年12月25日/編集:豊田周子 会報第494号目次 中国現代文学研究者懇話会レポート 「らしさ」を越えて―中華圏の文学芸術にまつわる国籍・ジェンダー・言語・文化―呉 穎濤1 「書評の会・出店」書評 国家権力という名のもとに―李洪华《 20 世纪以来中国大学叙事研究》小川 主税5 望乡与放浪― (さらに…)

2023年1月例会

*2023年1月11日更新 【日時】2023年1月29日(日)13:30〜 【場所】関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス(本部キャンパス) 大学院 1 号館 2F 208 号室(予定) 【内容】 大東和重 〇戦時下の台湾における国民動員と文学 (仮) 今泉秀人 〇呉濁流『アジアの孤児』に見る言語の地層 (さらに…)

2022年12月例会

12月例会は休会します。(2022.12.7記) ※詳細に関しては決まり次第、中国文芸研究会ウェブサイトでお知らせいたしますので、随時ご確認ください。 (さらに…)

会報第493号(2022.11)

2022年11月27日/ 編集:田中雄大 会報第493号目次 2022年度 合宿記 その2賈 海涛1 「書評の会・出店」書評 现代主义文学在东亚的越境――謝惠貞『横光利一と台湾――東アジアにおける新感覚派の誕生』(ひつじ書房、2021年)劉 妍5 書評の会・出店開催のお知らせ8 事務局か (さらに…)

『野草』第109号(2022年9月)

『野草』第109号/2022年9月30日発行/編集: 張文菁・藤野真子 『野草』109号目次 【論文】 余秀華の揺らめく身体と詩──運命と抵抗のエクリチュール小笠原淳1 失われた哲学を求めて──爵青の「無文」時期の創作について──王晴28 ”小さな野蛮”の文学──周作人の児童観形成における「反復説」 (さらに…)

2022年11月例会

【日時】2022年11月27日(日)13:30~ 【開催方法】ZOOMによるオンライン開催(*ZOOM例会参加方法はこちらを参照ください)) 【内容】 【内容】『野草』109号 合評会 目次 (さらに…)

会報第492号(2022.10)

会報第492号 2022年10月30日 編集:福長悠 会報第492号目次 眼疾闘病記蔭山達弥 2022年度 合宿記 その1高尚 「書評の会・出店」書評 北京研究の地方的視角――陳平原『記憶北京』(生活・読書・新知三聯書店、2020年)彭雨新 交流 事務局からのお知らせ 9月例会記録 11月例会のお知 (さらに…)

2022年10月例会

【日時】2022年10月30日(日)13:30~ 【開催方法】ZOOMによるオンライン開催(*ZOOM例会参加方法はこちらを参照ください)) 【内容】 史雨〇張資平と田山花袋―『約檀河之水』と『蒲団』の比較をめぐって― (2022.10.12変更済) 応宜娉〇田漢における石川啄木の受容の考察 (さらに…)

会報第491 号(2022.09)

会報第491号 2022年9月25日 編集:宋新亜 会報第491号目次 国際シンポジウム「吼えろアジア 1920-30 年代」参加記福⻑ 悠1 2022 年度合宿幹事報告⼤東和重3 「書評の会・出店」書評 遍在する「聖地」・遍在する「英雄」 韓敏『記憶と象徴としての⽑沢東−⺠衆のまなざしから−』⾼橋 (さらに…)

会報第490 号(2022.08)

会報第490号 2022.08.30  編集:小川主税 会報第490号目次 虚心に読むということ――大学院生のための民国期読書会小川主税1 民国期読書会のお知らせ4 「書評の会・出店」書評  「80年代に立ち戻る」よりもう一歩(李建立《“现代派”考论――知识与观念的生成(1950-1980 (さらに…)