ホーム » 会報 » 会報第484・485合併号(2022.03)

カテゴリー

会報第484・485合併号(2022.03)

会報第484・485合併号 / 2022.3.27発行 / 編集:上原かおり
会報第484・485合併号目次 
特集――ひきだしの中から
 曹禺『雷雨』四鳳の乳房描写について瀬戸 宏1
 我的『スパイシー・ラブスープ』 高橋 俊3
 三十五年越しの絲綢之路藤野 真子4
 屈原とリルのいる引き出し齊藤 大紀6
 消えた老舎の手紙上原 かおり7
 金子光晴だけ、という不均衡――趙怡『二人旅 上海からパリへ 金子光晴・森三千代の海外体験と異郷文学』(関西学院大学出版会, 2021年)足立 節子9
「書評の会・出店(でみせ)」書評11
 中国が愛を知ったあと―濱田麻矢『少女中国――書かれた女学生と書く女学生の百年』小川 主税11
 遅れてきた青年による竹内好像――中村愿『戦後日本と竹内好』高 磊16
 書評の会・出店(でみせ) 開催のお知らせ21
事務局からのお知らせ(8)/1月例会記録(22)/交流(23)/4月例会案内(24)